トップ婦民とは?婦民新聞主張・見解イベント情報入会案内部会の部屋支部の部屋お問い合わせ / 交通アクセス
 

婦人民主クラブ > 部会の活動 > 平和部会

「平和部会」とは

私たちは「二度と戦争を起こすことのないように」と平和と民主主義を築く活動を柱に、毎月平和部会を開き、核兵器廃絶、原発再稼働反対、辺野古新基地建設反対などに取り組んでいます。

2017年7月国連で「核兵器禁止条約」が採択され、12月の国連総会では「禁止条約の採択をを歓迎する決議」が125ケ国の賛成で採択されました。核兵器のない世界へと歩みがいっそう広がっています。「ヒバクシャ国際署名」を推進し、日本政府に条約への参加を求めていきましょう。

2017/12/9

婦人民主クラブ
第7回 戦争を語り継ぐつどい
核兵器廃絶にむけて
田中 煕巳(たなか てるみ)さん(被団協代表委員)に聞く

主催:婦人民主クラブ

婦人民主クラブでは2月9日、「核兵器廃絶に向けて」をテーマに、第7回「平和を語り、戦争を語り継ぐつどい」を開催、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)代表委員・田中煕巳さんのお話を聴きました。田中さんは先に行なわれた「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のノーベル平和賞授賞式に参加、その様子をはじめ核兵器禁止条約のことなど、長年の運動の体験を交えながら語りました。


田中煕巳さん

全文はこちら >>

田中さんのお話しのあとは、交流の場に。まず出されたのは「北朝鮮の脅威」について。「この問題で大切なのは平和的な話し合い、戦争は決して起こしてはならないと話し合いました。田中さんは「継承とは」という話もしました。力のこもった交流の場となりました。

 

上記の全文をお読みください。

全文はこちら >>

婦民の署名行動
ヒバクシャ署名 & 三千万署名
核兵器禁止、改憲を許さない
新春の千駄ヶ谷駅前で

主催:婦人民主クラブ

一月五日、婦人民主クラブはJR千駄ヶ谷駅前で「ヒバクシャ国際署名&3000万署名」の新春宣伝行動に取り組みました。

安倍首相が年頭の記者会見で改憲に向けて意欲を示しました。「今年は憲法にとって大変な年になる」と、婦民は危機感を持ってこの行動に力を入れています。

「年末に、ローマ法王が(被爆直後の長崎で撮影された)『焼き場に立つ少年』の写真を示して核戦争の脅威を警告し、写真にメッセージとサインを添えたカードをつくり配布しました。世界は核兵器をなくそうと動いています。日本でも核兵器禁止条約に賛成する政府にしていきましょう」などと署名をよびかけました。

この日、駅周辺はバレーボール全国大会に参加するために高校生がたくさん歩いていました。その中で「今日初めて署名します」という生徒がペンを握ってくれました。二つの署名に「いま本当に大事ですね」と快く署名に応じてくれる人、人込みで「原爆と人間」パネルをじっと見つめる小学生の男の子もいました。「寒い中でごくろうさま」とカンパも寄せられました。親子連れにはメッセージ付きの折鶴を手渡して呼びかけました。

昨年末、国連で核兵器禁止条約を歓迎する決議が採択されました。核兵器禁止へ世界はまた一歩前進していると確信、「核兵器禁止の実現と憲法改悪を許さず」の決意を新たにした新春署名行動でした。

:*『婦民の6・9行動』のご案内はこちらから >>

被爆者援護連帯募金のとりくみ
核兵器のない世界の実現を

主催:婦人民主クラブ

婦人民主クラブは毎年被爆者援護連帯の活動として被爆者募金にとりくんでいます。

いまも原爆被害と闘いながら「核兵器廃絶」を訴える被爆者の皆さんとともに、核兵器のない世界を実現しましょう。被爆者募金への御協力をお願いします。


(プリントアウトしてお使いください)

詳しくはこちら >>

「核兵器禁止条約」を力に

7月7日に国連で採択された「核兵器禁止条約」は9月20日から開示され、各国政府が条約の調印、議会での承認の手続きが開始されます。人類史上初めて「核兵器」を違法なものとし、開発、使用、保有、威嚇も禁止する歴史的条約です。私たちは条約制定へ努力されたすべての政府、世界の市民社会の皆さんに心から敬意を表します。

私たちは一日も早く日本政府がこの条約に参加するよう世論と運動を強めましょう。ヒバクシャ国際署名を推進し、核兵器のない平和な世界を実現しましょう。

婦民の6・9行動

婦民は、被爆者が「核兵器の廃絶」をと訴える「ヒバクシャ署名」を呼びかけて、毎月6・9行動に取り組んでいます。

ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名
「ヒバクシャ国際署名」
HIBAKUSYA APPEAL

(呼びかけ人被爆者代表)
田中熙巳【日本被団協・事務局長】
(呼びかけ人被爆者)
坪井直、谷口稜曄、岩佐幹三【日本原水爆被害者団体協議会 〔日本被団協 〕 代表委員】
郭貴勲【韓国原爆被害者協会・名誉会長】
向井司【北米原爆被害者の会・会長】
森田隆【ブラジル被爆者平和協会・会長】
サーロー・セツコ【カナタ?在住】
山下泰昭【メキシコ在住】

 
(チラシをクリックすると大きくなります)

「ヒバクシャ国際署名」とは?
ヒロシマ・ナガサキの被爆者が国際署名をはじめました

「ヒバクシャ国際署名」とは?

「後世の人びとが生き地獄を体験しないように、生きている間に 何としても核兵器のない世界を実現したい」

2016年4月、平均年齢80歳を超えたヒロシマ・ナガサキの被爆者が国際署名をはじめました。核兵器禁止条約が議論されている国連総会に2020年まで毎年届けます。

この国際署名は、賛同する個人・団体が自由にそれぞれの条件を活かして参加することができます。

<呼びかけ文>

(クリックすると大きくなります)

署名用紙
日本語版 英語版
(ダウンロードしてお使いください) (ダウンロードしてお使いください)

詳しくはこちら >>

署名、はがき運動などの取り組み

本、パンフレットなど

DVD
「福島原発事故 絶望から希望へ」
「あやまれ つぐなえ なくせ原発・放射線汚染」

制作:「原発をなくすいわき市民の会」

<映像ドキュメント「福島原発事故 絶望から希望へ」(DVD)>

 

(チラシをクリックすると大きくなります)

「あやまれ つぐなえ なくせ原発・放射線汚染」

核兵器の全面禁止を

▲ページ上部へ