トップ婦民とは?婦民新聞主張・見解イベント情報入会案内部会の部屋支部の部屋お問い合わせ / 交通アクセス
 

婦人民主クラブ > 部会の活動 > 平和部会

「平和部会」とは

私たちは「二度と戦争を起こすことのないように」と平和と民主主義を築く活動を柱に、毎月平和部会を開き、核兵器廃絶、原発再稼働反対、辺野古新基地建設反対などに取り組んでいます。

2017年7月国連で「核兵器禁止条約」が採択され、12月の国連総会では「禁止条約の採択をを歓迎する決議」が125ケ国の賛成で採択されました。核兵器のない世界へと歩みがいっそう広がっています。「ヒバクシャ国際署名」を推進し、日本政府に条約への参加を求めていきましょう。

2017/12/9

辺野古新基地建設反対
統一連NEWS 2018年7月27日

辺野古新基地建設反対「統一連NEWS」が届きました。

<「知事「埋め立て承認」を撤回。オール沖縄は緊急集会で知事を激励>

詳しくはこちら >>


(画像をクリックすると大きくなります)

署名にご協力ください
<辺野古新基地建設工事の中止と普天間基地の無条件撤去を求める請願署名>
辺野古に新しい基地はつくらせません
世界一危険な普天間基地の撤去を

安保破棄中央実行委員会

署名用紙はこちら >>


(ダウンロードしてお使いください)

婦民の署名行動
ヒバクシャ署名 & 三千万署名
核兵器禁止と改憲を許さないー平和を守る二つの署名を

2017年7月7日、国連で「核兵器禁止条約」が採択されました。被爆者をはじめ、世界中の人々が求めてきた「核兵器のない世界」実現にむかう歴史的な条約です。50か国の批准で発効するこの条約に現在(2018年7月)11か国が批准。唯一の戦争被爆国の政府として率先して批准すべきこの条約に、日本政府は批准どころか、背を向けています。

婦人民主クラブは、「ヒバクシャ国際署名(ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名)」を呼びかけ、日本政府の批准を求める宣伝行動を毎月行なっています。

公文書改ざんなど、権力の私物化、民主主義、立憲主義を破壊する安倍政権に、国会では立憲野党が厳しく追及を続け、私たち国民も退陣を求めています。しかし、平然と政権の座に居座る安倍政権は、悪法の強行を重ね、改憲の国会発議、国民投票に持ち込もうと改憲への執念を持ち続けています。

「何としても改憲を阻止し、日本国憲法を守りぬこう」と、婦民は大きな危機感を持って「三千万署名(安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名)」行動に力を入れて取り組んでいます。

  

:*『婦民の6・9行動』のご案内はこちらから >>

被爆者援護連帯募金のとりくみ
核兵器のない世界の実現を

主催:婦人民主クラブ

婦人民主クラブは毎年被爆者援護連帯の活動として被爆者募金にとりくんでいます。

いまも原爆被害と闘いながら「核兵器廃絶」を訴える被爆者の皆さんとともに、核兵器のない世界を実現しましょう。被爆者募金への御協力をお願いします。


(プリントアウトしてお使いください)

詳しくはこちら >>

「核兵器禁止条約」を力に

7月7日に国連で採択された「核兵器禁止条約」は9月20日から開示され、各国政府が条約の調印、議会での承認の手続きが開始されます。人類史上初めて「核兵器」を違法なものとし、開発、使用、保有、威嚇も禁止する歴史的条約です。私たちは条約制定へ努力されたすべての政府、世界の市民社会の皆さんに心から敬意を表します。

私たちは一日も早く日本政府がこの条約に参加するよう世論と運動を強めましょう。ヒバクシャ国際署名を推進し、核兵器のない平和な世界を実現しましょう。

婦民の6・9行動

婦民は、被爆者が「核兵器の廃絶」をと訴える「ヒバクシャ署名」を呼びかけて、毎月6・9行動に取り組んでいます。

ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名
「ヒバクシャ国際署名」
HIBAKUSYA APPEAL

(呼びかけ人被爆者代表)
田中熙巳【日本被団協・事務局長】
(呼びかけ人被爆者)
坪井直、谷口稜曄、岩佐幹三【日本原水爆被害者団体協議会 〔日本被団協 〕 代表委員】
郭貴勲【韓国原爆被害者協会・名誉会長】
向井司【北米原爆被害者の会・会長】
森田隆【ブラジル被爆者平和協会・会長】
サーロー・セツコ【カナタ?在住】
山下泰昭【メキシコ在住】

 
(チラシをクリックすると大きくなります)

「ヒバクシャ国際署名」とは?
ヒロシマ・ナガサキの被爆者が国際署名をはじめました

「ヒバクシャ国際署名」とは?

「後世の人びとが生き地獄を体験しないように、生きている間に 何としても核兵器のない世界を実現したい」

2016年4月、平均年齢80歳を超えたヒロシマ・ナガサキの被爆者が国際署名をはじめました。核兵器禁止条約が議論されている国連総会に2020年まで毎年届けます。

この国際署名は、賛同する個人・団体が自由にそれぞれの条件を活かして参加することができます。

<呼びかけ文>

(クリックすると大きくなります)

署名用紙
日本語版 英語版
(ダウンロードしてお使いください) (ダウンロードしてお使いください)

詳しくはこちら >>

署名、はがき運動などの取り組み

本、パンフレットなど

DVD
「福島原発事故 絶望から希望へ」
「あやまれ つぐなえ なくせ原発・放射線汚染」

制作:「原発をなくすいわき市民の会」

<映像ドキュメント「福島原発事故 絶望から希望へ」(DVD)>

 

(チラシをクリックすると大きくなります)

「あやまれ つぐなえ なくせ原発・放射線汚染」

核兵器の全面禁止を

▲ページ上部へ