トップ婦民とは?婦民新聞主張・見解イベント情報入会案内部会の部屋支部の部屋お問い合わせ / 交通アクセス

婦人民主クラブ > 支部の部屋 > 首都圏ブロック

首都圏ブロックの活動

東京都支部協議会の旅
古河と田中正造の足跡を訪ねて
奈良達雄さんの講義を聴きながら

3月28,29日、古河在住の奈良達雄氏(新日本歌人協会)に同行していただいて、都協は「北関東の小京都『古河(茨城県)』と『田中正造の足跡』を訪ねる旅」に行きました。

1日目は、渡良瀬遊水地の旧谷中村合同慰霊碑などをめぐり、当時に思いを馳せました。足尾鉱毒事件に生涯をかけた田中正造について奈良さんの講義を聴きました。民(人権)は法の上に立つという民主主義を体現・実行し、多くの支持を得て議会での圧倒的な発言力で政府からも恐れられ「義人」として世に称えられたといいます。そんな剛の部分だけでなく優れた歌人として明治天皇を洒落で風刺し、悩み、嘆き、泣きながら活動する姿を詠うなど人間的な面も浮き彫りにされ、親しみを覚えました。

二日目午前は古河の町に点在する歴史的な建物や文学館、鷹見泉石記念館、雪華の石畳の謂われ、プロレタリア作家や、永井路子の旧宅、風刺画家暁斎の石碑などの文化財の話を聞き、疲れも忘れて歩きました。

いよいよ桃の花の里へ。盛りと聞いてウキウキと公園に入ると、一面の艶やかな濃いピンクに目を奪われ、切り枝の可憐なイメージは一変です。その下にひっそりと立つ歌碑。顔も合わせぬ長塚節の恋慕と若杉鳥子の敬慕、叶わぬ恋物語で旅を締めくくりました。

「大雨に打たれ叩かれ重荷牽く 牛の轍の跡かたも無し」(田中正造)。

東京都支部協議会は高齢者施設「浴風会」を見学
「高齢者の住まいと生活を考える」
杉並四支部

3月15日、東京・杉並区の婦民の高円寺、荻窪、西荻、和泉の四支部が、他支部や読者も合わせて総勢17人で、区内にある社会福祉法人「浴風会」を訪問しました。JR荻窪駅からバスで約十分、下車して歩くこと十分くらいで到着です。緑がいっぱい!

「浴風会」は関東大震災の被災老人援護を目的に民間義援金などをもとに財団法人として設立されたのが始まりです。

約三万坪、東京ドームの約一・三倍の広大な敷地には、特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、経費老人ホーム、ケアハウス、在宅サービスセンター、グループホーム、そして病院などの施設があり、八百五十人が働いているそうです。

私たちのきょうの目的は「高齢者の住まいと生活を考える」ことです。

早速施設職員の説明を受け、見学をしました。

とても良い環境の中、日常生活を快適にすごすことができ、趣味の活動も盛んだそうです。

万が一、具合が悪いときなどは、すぐ病院に行くこともできます。介護の必要な人も手厚く介護を受けながら生活できます。高円寺支部の会員が住むケアハウスの部屋も見学させていただきました。

緑豊かなこの地で、老後をゆったりとしてすごせる幸せを感じた一日でした。


浴風会敷地内の礼拝堂前で

基地もオスプレイもいらない
横田基地座り込み行動

3月19日、東京・福生市のフレンドシップパークでの「日本にオスプレイはいらない 第96回横田座り込み行動」に参加しました。「横田基地撤去を求める西多摩の会」が毎月行なっています。

アメリカ国防省は3月13日突然、CV22オスプレイの横田基地配備について、2017年後半の配備開始予定を、理由も明らかにせぬまま最長で3年間延期すると発表しました。

この日は140人ほどの参加でした。

集会では、周辺地域から目視したオスプレイの飛行状態や回数、市町村役場への要請行動などの報告がありました。

また、「アメリカに対し、人口密集地の上空できわめて危険度の高い訓練を行なうCV22オスプレイの配備計画を延期ではなく、ただちに永遠に中止を求める」、「膨大な国家予算をつぎ込んで2018年に購入開始予定のMV22は昨年沖縄で墜落事故を起こしたものと同型だ。日本政府と防衛省に購入中止を求める」等の発言もありました。

参加者は、私たち市民の命と安全、憲法の生かされる平和な日本を守るため、引き続き運動を続けていくことを確認しあいました。加えて、絶え間なく戦争・紛争に明け暮れているアメリカ政府に、これ以上殺戮を繰り返さないよう、強く抗議をしました。


3月19日 福生市のフレンドシップパークで

婦人民主クラブ創立70周年記念
近現代史講座
講師:二橋 元長 さん (埼玉県平和委員会)

主催:婦人民主クラブ 埼玉支部

日程と会場については、婦民本部にお問い合わせください

東京都支部協議会
守ろう!築地市場 汚染地・豊洲に新設は許さない
工事の凍結・中止を求め、あらゆる行動を! 移転阻止のたたかい を!

  

東京都支部協議会は
小池百合子東京都知事に要請書を出しました。
「私たちは、築地市場の豊洲への移転を
ただちに中止するよう要請いたします。」


(クリックすると大きくなります)

 東京都支部協議会は、東京都による、築地市場廃止、豊洲での新市場建設に反対しています。

 守ろう!築地市場パレード実行委員会に参加し、市場で働く人たちの労働組合などと、力を合わせて、築地市場を守る運動を続けています。

築地市場の廃止と、豊洲市場新設問題については下記サイトをご覧ください。
守ろう!築地のブログ >>
INDEPENDENT WEB JOURNAL「特集 築地市場移転問題」

▲ページ上部へ