トップ婦民とは?婦民新聞主張・見解イベント情報入会案内部会の部屋支部の部屋お問い合わせ / 交通アクセス
  

婦人民主クラブ > 婦民新聞 > 婦民新聞のご案内

 

婦民新聞をご購読ください

「婦民新聞」は、婦人民主クラブが発行している機関紙です。したがって、女性と子どものしあわせを守る、平和のために力を尽くすという婦人民主クラブの活動の目的に立って発行されています。

女性を取り巻く問題は多種多様です。特に平和もくらしも脅かされる昨今の情勢のもとで、私たちは可能な限り真実を伝える情報の選択に努力しています。

また、「楽しく、読みやすく、役に立つ」が婦民新聞の紙面づくりのモットーです。時事解説をはじめ、介護の体験や子どもの本、映画・演劇・博物館・美術館の情報紹介など多彩です。はばひろい婦民の活動とともにさまざまな集会や、講演会などのようすなども紹介しています。

平和と女性の幸せをめざして、あたたかい手と心をつなぐ「婦民新聞」のご購読をお願いいたします。

婦民新聞の連載記事

「文学の風景」(日本民主主義文学会)、「『祈り』はどこにあるのか」(川田忠明さん)、「加賀のアトリエから」(海部公子さん)、「教育再考」(松村忠臣さん)、コラム「七味」、「こんにちは」、「婦民とわたし」、「子育て雑記」(松本たき子さん)、「私が主役の生き方」(瀬谷道子さん)、「ヘルパーの日々」(藤原るかさん)、「金子勝先生の『憲法教室』」、「私の一句」(飯島ユキさん)、「キューバの素顔」(清野史郎さん)、「食卓情報」(家庭栄養研究会・蓮尾隆子さんほか)など、女性の豊かな生き方を促すエッセイや、広く社会をみつめるなどの多岐にわたる連載記事は、どれも好評です。

不定期掲載記事

「にゅーすワンポイント」、「女の四季」、映画、演劇の紹介、多様な分野で活動しておられる方や、婦民の会員を紹介する「こんにちは」「婦民と私」、おすすめの書籍や、さまざまな問題などを知らせるパンフレットなどの紹介記事もあります。

新連載

※「秋田だより」(渡部雅子さん) 秋田の風物、縁の人々のことなど四季や地域の行事、人々の暮らしを織り交ぜ、彩り豊かに伝えます。

※「京都上ル下ル」(中谷文子さん)「面倒くさい」を厭わない、どこか楽しんでいるような不思議な町の暮らしを京都から紹介していきます。

婦民新聞紙面の紹介
2017年7月20日(1558)号

◎『東京のど真ん中に米軍基地』
  住民を脅かす騒音・事故の危険

六月二十七日、「麻布米軍ヘリ基地と米軍関連施設を歩く」(「女の平和」主催「『平和が危ない』首都圏の基地について学ぶ」第二回)に参加しました。案内は板倉博さん(麻布米軍ヘリ基地撤去実行委員会事務局長)。板倉さんの懇切な解説で基地と周辺一巡、首都東京に居座る米軍基地の危険性を目の当たりにしました。

全文へ >>


(クリックすると大きくなります)

 

◎<『秋田だより』>
 〈土崎曳山祭り さえる世相風刺〉 渡部 雅子(秋田県原水協事務局長)

秋田市の北に位置する土崎の歴史は古く、日本書紀に出てくる阿部比羅夫と蝦夷の長・恩かが出会った地とされています。藤原保則が蝦夷の反乱を鎮圧した元慶の乱(八七六年)でも大和朝廷の最前線基地の一つだった…

続きは婦民新聞2017年7月20日号でお読みください。

◎<『教育再考』> 松村 忠臣(子どもの発達・権利研究所共同代表)
 〈どこまでいくの 競争教育〉
  グローバル人材って?

利用する私鉄の車両には、私立大学のオープンキャンパスの広告があふれる。今年は、医療や情報・先端技術関係に関する学部新設の広告が花盛りだ。

私学だけと思いきや、A紙は、国公立大学の全紙広告を始めた。その殆どが…

続きは婦民新聞2017年7月20日号でお読みください。

◎<コラム 「七味 」>
 〈こんな人たち〉

七月二日、都議会議員選挙が行われ、自民党は「大」のつく惨敗を喫した。不支持率も五十%を超えた。当たり前である。国民をごまかし、ねじ伏せ、強権政治をしてきたのだから。しかし、この選挙の結果に私たちは溜飲を下げてばかりはいられない

投票前日…

続きは婦民新聞2017年7月20日号でお読みください。

◎<連載 「文学の風景」> 乙部 宗徳(日本民主主義文学会)
  〈ゆい きみこ 『咲子の戦争』〉
  少女の心を通して伝える戦争
  実父の死に泣くことすらできない運命の悲痛

少女の目から、戦争とそれが何をもたらしたのかを描いた作品。ラストシーンの意味を理解するために必要な情報なので、最初に主人公の咲子の境遇について説明しておく。

咲子は大阪で生まれたが、実母は咲子を産んですぐ…

続きは婦民新聞2017年7月20日号でお読みください。

◎<らしんばん>
  〈「核兵器禁止条約」原水禁世界大会成功へ〉

「核兵器禁止条約」が七月七日、国連核兵器禁止条約制定会議において賛成百二十二か国の圧倒的多数で採択されました。核兵器禁止を求める国連加盟国と市民社会の世論と運動が大きく貢献し、歴史的な…

全文へ >>

2面

◎<金子勝先生の 「憲法教室48 」>自民党「改憲草案」を読み解く(その45)
  〈統治機構〉1続

前回、権力分立制にはアメリカ型とイギリス型があり、日本の場合はイギリス型の議院内閣制だということを話しました。日本国憲法第四十一条は、「国会は国権の最高機関であって、国の唯一の立法機関である」と規定しています。国会(議会)権力優越型権力分立制です。つまり…

続きは婦民新聞2017年7月20日号でお読みください。

◎<ヘリパッド撤去まで闘う>
  高江座り込み10周年報告会  東森英男(安保破棄中央実行委員会)

ヘリパッド建設に反対して住民が二〇〇七年に座り込みを始めてから十年となる六月二十五日、「高江座り込み10周年報告会」が東村の農民研修施設で開かれました。

報告会には、地元住民とともに県内外から四百人が参加しました。

続きは婦民新聞2017年7月20日号でお読みください。

◎<食卓情報> 蓮尾 隆子(家庭栄養研究会)
  〈七割の牛が病気で廃棄処分に  「動物福祉推薦」で健康な牛を〉

日本でもBSE(通称「狂牛病」)が発生したことが大きな脅威となり、二〇〇三年に牛肉の生産、と畜処理・加工、流通・販売の全過程において、情報が追跡できるシステムが確立しました。

食肉検査では…

続きは婦民新聞2017年7月20日号でお読みください。

◎<私が主役の生き方318> 瀬谷 道子(女性誌「ウィメンズステージ」編集長)
  同時代を生きる女性たち  人は会話で育てたい

エッセイ塾で「話育」のことを話しました。食育と基本は同じ。会話で育てたい。育ちたい。食事や風呂で、喫茶店でもいいけれど、まずは相手の話をじっくり聞くことに尽きます。脳科学ではキレやすい子は…

続きは婦民新聞2017年7月20日号でお読みください。

◎<私の一句> 飯島 ユキ(俳句羅の会)
  〈打ち水を…〉

実家では、真夏の来客のために玄関先…

続きは婦民新聞2017年7月20日号でお読みください。

◎<練馬支部 H・J子さんが自分史>
  「永遠に戦後であれ」

「わたしが八十四年間歩み続けてきた道『導かれ支えられて 活かされて』きた道。今後も歩み続ける此の一本の道『永遠に戦後であれ』と目的を持って仲間とともに自分らしく生きたいと願っています」…

続きは婦民新聞2017年7月20日号でお読みください。

◎<核兵器も原発もいらない 安倍政治から日本を守ろう>

七月七日、首都圏反原発連合主催の拡大版金曜抗議行動「NO NUKES☆ALL STAR 国会前集会」に官邸前と合わせて三千人が参加しました。司会者が「私たちはあの事故を忘れず、ここで声をあげてきた。きょうは国連で核兵器禁止条約が…

続きは婦民新聞2017年7月20日号でお読みください。

◎<巨大校舎はだれのため>小中一貫校建設進めて良いの?

東京都杉並区で、施設一体型の小中一貫校を建設されようとしています。敷地となる高円寺中学校は、西側は環状七号線に面し、南側にはJR中央線の高架が通り、区内で最も環境が悪く校地も狭い学校です。…

続きは婦民新聞2017年7月20日号でお読みください。

◎<女の四季>いまこそ観よう、映画「母べえ」

日野町九条の会により五月二十七日に必佐公民館で映画「母べえ」が上映されました。私は何年か前に観たことがあり、やや冷めた気持ちで臨みました。しかし…

続きは婦民新聞2017年7月20日号でお読みください。

以前の記事

2017年6月20日号(1555)号 >>

2017年4月10日(1549)号 >>

2017年3月10・20日(1547)合併号 >>

2017年01月01日(1541号) >>

2016年12月20日(1540)号 >>

2016年11月20日(1537)号 >>

2016年10月30日(1535)号 >>

2016年05月30日(1522)号 >>

2016年05月10日・20日(1521)号 >>

2015年09月30日(1503)号 >>

2015年09月20日(1502)号 >>

2015年09月10日(1501)号 >>

2015年08月30日(1500)号 >>

2015年04月10日(1488)号 >>

2015年03月30日(1487)号 >>

2015年01月20日(1481)号 >>

2015年01月01日(1480)号 >>

2014年11月10日(1475)号 >>

2014年08月30日(1469)号 >>

2014年07月20日(1466)号 >>

定期購読のお申し込み

 定期購読のお申し込みは、下記の申し込み用紙を印刷し、必要事項をご記入の上、ファックスかご郵送にてお送り下さい。 または、本部事務所までお電話(03-3478-2317)でお申し込み下さい。

 1か月間、無料でお試し購読もできます。 お試し購読のうえ、定期購読をご希望の場合は、改めてお申し込みをお願いいたします。 

申し込み用紙はこちら 〉〉

書籍のご紹介

婦民新聞のコラム「七味」第II集

待ち望まれていた第II集の発刊です。
1991年から2000年までの160篇を
収めました。
1篇1篇は短い文章ですが、読むと
その頃の出来事や世相を思い出します。

頒価;1,000円
詳しくはこちら >>

 

 

 

 

 

 

 

 

既刊 「七味」第T集 もございます。2冊合わせてお読みください。

2004年6月19日発行
頒価;1,300円

他の書籍も合わせてご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

▲ページ上部へ