トップ婦民とは?婦民新聞主張・見解イベント情報入会案内部会の部屋支部の部屋お問い合わせ / 交通アクセス

婦人民主クラブ > 部会の活動 > 子ども部会 > 「ポケット版 子どもの権利ノートで学習しましょう すべての子どもの権利とすこやかな成長が保障される社会に

「ポケット版 子どもの権利ノートで学習しましょう
すべての子どもの権利とすこやかな成長が保障される社会に

 今、格差、貧困、生きづらさが社会を覆い、さらに、原発事故が困難を深めています。子どもたちも、すこやかに育つことが阻害され、普通に生きる権利をも奪われています。

 そして、教育改革、や保育新システムなど、子どもの権利を踏みにじり、ますます競争に駆り立てる政策が強行されようとしています。

 婦人民主クラブ子ども部会では、子どもの権利条約を学んで、すべての子どもたちにすこやかな成長が保障される社会の在り方を考えます。その実現のためにさまざまな団体や人びとと共に活動しています。

10改訂・ポケット版 子どもの権利ノート ―
国連の第1回・第2回・第3回「勧告」掲載 ―
発行:子どもの権利・教育・文化 全国センター
頒価300円(送料別)

 ポケット版『子どもの権利ノート』は、子どもの権利条約全文や日本政府に対する国連の勧告、子どもにかかわる重要な諸文献を収録しています。

 2006年12月、大きな反対世論を押し切って教育基本法が「改正」され、これに伴い学校教育法も変えられました。私たちは、これらの新法は憲法や子どもの権利条約に根本的に反すると考えています。『権利ノート』には、憲法に基づき1947年に施行された教育基本法と、2006年の教育基本法を対照的に掲載しています。学校教育法の「改正」法(抄)も批判的な立場で掲載しました。

 児童福祉法の条文の抜粋、および児童憲章を掲載しました。

 婦人民主クラブ子ども部会は、この「子どもの権利ノート」で学習し、子どもたちが幸せに暮らしていける社会を実現するために運動しています。この小さな本を大きく普及させて、子どもの権利を多くの人に知らせ、広げていこうとしています。

▲ページ上部へ