トップ婦民とは?婦民新聞主張・見解イベント情報入会案内部会の部屋支部の部屋お問い合わせ / 交通アクセス

婦人民主クラブ > 婦民新聞 > 婦民新聞紙面の紹介

主張・見解

婦民新聞紙面の紹介

◎<こんにちは>「過労死防止法」に全力尽くして
「全国過労死を考える家族の会」代表世話人 寺西 笑子(えみこ)さん

6月22日、「過労死等防止対策推進法」が成立しました。成立に力を尽くしたのが「全国過労死を考える家族の会」。寺西笑子さんはその代表世話人、18年前に夫を亡くしました。
「いつ倒れるかという働き方の夫が自殺したのは1996年。お父さんなぜ死ななあかんの?と悩みました。 」>>

(クリックすると大きなります)

 

◎連載 「アフリカとわたし 」―富永 智津子さん(元宮城学院女子大学教授・イラストも)
88・軍事性暴力と慰安婦(7)

 なぜ、近年、アフリカの内戦で、軍事性暴力が多発したのか。誰もが抱く疑問である。しかし、その実態正確には把握されておらず、答えを見つけるのは難しい。とはいえ、研究蓄積がないわけでない。ここではハーバート大学准教授の研究を紹介しよう。 >>

(クリックすると大きなります)

 

◎ <らしんばん>
「大会声明」今に倍する仲間を増やし悪政を跳ね返す力に」

七月一日、安倍内閣は、「集団的自衛権行使容認」を「閣議決定」し、日本国憲法が謳う戦争放棄の条文を若者の血で塗りつぶすことを決定しました。 全文へ>>

この号の他の記事
1面

○平和・憲法・くらしを守る 共同の輪を広げて *婦人民主クラブ2014年全国大会
戦争国家への道は許さない

〇連載<文学の風景> 井上靖「本覚坊遺文」―生殺与奪の権を握る権力者への本覚坊の抵抗「師千利休の賜死に向き合い続け」 ―柏木 和子さん(日本民主主義文学会)

 

〇コラム<七味> 「ゴジラ」

 

2面

○集団的自衛権反対で国会包囲 「閣議決定」を撤回せよ

〇東京高裁の不当判決を糾弾! JAL原告団の決起集会

〇宮城県母親大会に1600人余 浜矩子さん痛快な講演

〇自衛隊で防災訓練 高校生に体験入隊

〇集団的自衛権行使の先にあるもの 市民も兵士も血を流す泥沼のイラク戦争の実態

○連載<食卓情報> ―蓮尾 隆子さん(家庭栄養研究会)
「遺伝子組み換え食品のはんらん 日本人が世界で一番食べている」

 

〇<私にもひとこと> 
松田文学碑など 大仙市を訪ねて―(品川支部 O・Y)

「花子とアン」 安東家の野良着 ―(広島市 M・S)

 

〇連載<私が主役の生き方>
同時代を生きる女性たち―瀬谷 道子さん(女性誌「ウィメンズステージ」編集長)
「3・11後の日常を書く」

婦民新聞2014年7月20日(1466)号でお読みください。

▲ページ上部へ