トップ婦民とは?婦民新聞主張・見解イベント情報入会案内部会の部屋支部の部屋お問い合わせ / 交通アクセス

婦人民主クラブ > 主張・見解 > 知恵と力を結集し日本母親大会の成功を

主張・見解

知恵と力を結集し日本母親大会の成功を

婦民新聞第1368号(2011年6月30日発行)より

第五十七回日本母親大会は、七月三十、三十一の両日、人類初の被爆地、広島で開催されます。

一九五五年、日本からの「原水爆禁止のための訴え」をきっかけに、国際民婦連から世界母親大会の開催がよびかけられました。婦民はこれを支持し、献身的に働きました。初の世界母親大会には日本代表として十四人が送り出されました。この世界母親大会に代表を送る運動の中で日本母親大会が準備され、都内で開かれた第一回大会には二千人が参加しました。終戦から十年、婦民創立九年目のことです。

今大会は母親運動の原点ともいうべき、広島での開催です。婦民広島支部も実行委員会に参加し、奮闘しています。その準備の途上で起こった三月十一日の東日本大震災、さらに福島第一原発事故。今、水面下ではこの災害復興を口実に、財界や歴代の保守政権がやりたくてもできなかった憲法改悪、国会議員の比例定数削減、消費税増税、日米同盟強化などを一気に進めようとする動きがあります。これら平和と民主主義、くらしの危機にどう立ち向かうのか。日本母親大会の講座や分科会には「世界で初めての原発震災」をはじめ、東日本大震災を経て、いま改めてまちづくり、国、自治体の役割を問う「地域主権改革で日本はどうなる?」平和と民主主義、くらし、子ども、女性など、多くのテーマがきめ細かく用意され、その数は四十七にも及びます。私たちは、今こそ知恵と力を結集し、学び、交流し、連帯する場として、広島大会を大きく成功させましょう。

▲ページ上部へ